HOMEふれあい教室犬の幼稚園犬のしつけ方教室ペットホテル初めて子犬を飼われた方へ

Top > アイズ図書室 > 犬の熱中症について

アイズ新聞

犬の熱中症について、記載しております。獣医ではないので、あくまでも補助知識としてご活用していただければ幸いです。
病気は、早期発見・早期治療がとても重要です。気になることがありましたら、動物病院での診察をおすすめします。

犬の熱中症

人間同様、ワンちゃんも熱中症になります。体内にたまった熱を外界に逃がすことができず、身体の機能が不全に陥った状態になります。

症状:

ハアハアと喘ぐような呼吸をはじめる

意識混濁

心拍数の上昇

歯茎が赤くなり出血する

目の充血

体温が40.5℃以上になる

などの症状が見られたら緊急事態です。
体温が上昇すると、血液の流れや体液などに異常がおきます。

重症になると、「出血性の嘔吐や下痢」「歯茎が蒼白になる」「痙攣」「尿が出ない」「意識障害」などの障害が起こり、脳・腎臓機能・消化機系粘膜に異常をきたす恐れがあります。

すぐに体温を下げる処置を行い、動物病院に連れていきましょう。

特に、パグ・フレンチブルドッグ・ブルドッグ・ペキニーズなど鼻短い犬種は、熱が逃げにくい構造になっているため、熱中症になりやすいです。

処置:

熱中症になったら、まずは身体を冷やします。
冷たい水、スポーツドリンク(薄めて)飲ませたり、体全体に水を掛けたり、保冷剤を当てたりしてとにかく体温を下げましょう。
保冷剤で首や脇を冷やしてください。
同時に、動物病院へ連絡し、できるだけ早く連れて行きましょう。

予防:

ワンちゃんが熱中症にならないよう、暑い日は早朝あるいは夕暮れのお散布をおすすめします。

日が昇ると気温も上昇し、アスファルトは熱した鉄板のように熱くなります。
その上を裸足同然のワンちゃんが歩くのですから、当然肉球を痛めてしまいます。 なるべく気温が下がっている早朝や、気温が下がってきた夕暮れにお散歩をするのが良いでしょう。
一度、お散歩前に外に出てアスファルトを直接手で触って熱さを確かめてください。

また、水分補給も忘れずに、日陰で休憩しながらお散歩しましょう。

それから、車中での留守番は絶対にやめましょう。エアコンを切った車中は、あっという間に温度が上昇します。
木陰に車を停車し、窓を開け放っても、窓からの風は熱く、すぐに熱中症になります。
エアコンを付けたまま車から離れる場合でも、バッテリーが上がってしまい、エアコンが止まってしまう可能性も十分にありますので、注意してください。

ご自宅でのお留守番も、エアコンがついているから大丈夫だと安心しないでください。
停電で、エアコンが止まってしまうこともあります。

ドッグトレーナーによる犬の診断

ワンちゃんとの生活で悩んだら思いつめる前にご相談を

▲ ページの先頭に戻る

スマホサイトを表示する